木製サッシとは?

木製サッシとは、その名の通り木製でできたサッシのことです。サッシは窓ガラスなどに使用されている窓枠のことを指しています。木製サッシは、そのデザイン性の高さから、近年住宅に採用されることが増えています。

木製サッシを利用するメリットやデメリットを紹介

割れたガラス

木の独特な雰囲気を感じられる

アルミ製のサッシなどは、コストパフォーマンスに優れていて、見た目も悪くないです。ですが、木製サッシの持つ独特な風合いやインテリア性を超えることはないでしょう。特に木の雰囲気を意識した作りになっている建物には、すこぶるマッチします。木製サッシは内窓として利用されることが多いです。

窓

耐久性が低い

木製サッシは、デザイン性が高いという大きなメリットがありますが、アルミに比べるとどうしても耐久性が低い傾向にあります。ですが、最近ではそのデメリットを改善していく流れがあります。外側にはアルミを使用して、中から見える部分には木を使うというハイブリッド型のサッシも登場しています。一度実際に木製サッシを見てみると、デザイン性の高さに驚くでしょう。

窓ガラス修理の流れ

ガラス

問い合わせ

窓ガラスが割れてしまったり、修理が必要な状況になった場合は、修理業者に問い合わせをします。割れた窓ガラスは放置していると、危険なので、なるべく早く取り換えた方がいいです。なので、できるだけ近所の修理業者を利用するといいでしょう。

内容の確認

問い合わせをした時に、修理を依頼する窓のサイズや、破損状況などを聞かれます。状況の説明が終わると、訪問する日時を決めます。業者が空いている場合は、すぐに駆け付けてくれますが、作業員が少ない場合は数時間後になることもあります。作業員が来るのを待ちましょう。

修理開始

業者と約束した時間になると、作業員がやってきます。現場の確認をして、説明を受けた後に見積もり額を提示されます。見積もり額に了承すれば、作業が始まります。新しいガラスへの交換作業は、大体1枚1時間程度の時間が必要です。全ての作業が終了したら、見積もり金額を支払って終了になります。

窓枠交換も同じような流れ

東京など全国各地で毎日のように窓枠交換が行われていますが、窓ガラス修理と似たような流れです。作業に掛かる時間が少し多くなるくらいなので、窓枠交換を考えている人も参考にしてください。

広告募集中